20/05/2018

開発に携わって分かったことを語る。

アプリ開発に携わっている人の年収は、開発の規模や内容によって大きく変動してくるので、一般的な年収相場は決まっていないのが実情である。
しかし、企業に属して開発に携わる場合と、個人単位で開発してネットを介して販売する場合とでは年収額が大きく違ってくる。

企業によって開発されたアプリは、DVDなど記録媒体で販売されるのが一般的になっている。
一方で、近年はネットからダウンロードをして購入できるような手法をとっている個人や団体が増えてきている傾向もある。
その結果、企業で働いている人の年収を大きく上回っている収入を得ているケースも少なくない。
これは技術のレベルが高い低いという事はほぼ関係ないため、一獲千金を狙ってみたい人は、個人や少人数規模のグループでアプリ開発にチャレンジしてみるのも一つの方法だろう。

このように必ず成功するわけではないが、ネットを利用してアプリを販売すれば高収入を得られる可能性はある。
そのため高年収を得られる確率を少しでも上げるためには、シンプルで不特定多数の人が分かりやすく、便利で使い勝手が良いアプリを開発する事が重要だ。
ネットを介して販売する手法は利用者の数によって得られる収入も変わってくるので、簡単で扱いやすいアプリが最終的には大きな収入に繋がってくると言える。
逆に安定した収入を得たいという人には、特定企業のみが使用できるアプリを開発をする選択もある。
しかし、この場合は専属企業の規模によって年収も変わってくるので、そこは注意しておくべき点である。

いずれにせよ、アプリ開発で成功するためには、しっかりとしたビジネスプランを持つことが重要である。