20/05/2018

開発に携わって分かったことを語る。

アプリ開発を仕事とした場合、定年という概念はかなり薄い。
一般的な企業であれば、アプリ開発会社の定年に準じるということになる。
だいたい65歳を定年としているところが多いため、この65歳が定年ということが多い。

ただし、フリーランスでアプリ開発を行っている場合は、この限りではない。
フリーランサーの場合、定年という考え方は存在しないので、いつ引退するかを自分で決めることもできる。
中には会社を定年退職後にようやく自分の作りたいアプリを作るという人もいる。
このため、人によってアプリ制作のキャリアやその終了のタイミングはかなり違ってくるだろう。

一つだけ注意をするとするならば、体力やパソコン操作、目の衰えなどの体調管理だ。
例えば、老眼になってもソフトウェアの補助や開発ツールの活用によって作り続けることは不可能ではない。
ただ、作成して管理し、実際に運営していくためには毎日健康である必要がある。
開発者の中には運動を趣味としたり、健康のためにサプリメントなどを飲んでいる人も珍しくない。
食事や休憩、開発ペースや環境整備などに配慮すれば、70代でも80代でも作り続けることができるだろう。

また、日々進化する開発ソフトウェアやアプリの機能、流行などにも留意する必要がある。
定期的なアプリのリデザイン・リニューアルも必要になるからだ。
このため、日々の学習や新機能の開発、新しい言語や環境などにもついていけるようにしておく必要がある。